Entries

スポンサーサイト

礼拝宣教要旨  「神の奇跡」   (2013年4月28日)

   聖 書:イザヤ書7章10節~17節       宣教:福田勝敏牧師 本章はウジヤ王の孫、アハズ王の治世時代のことです。アハズ王は20歳で王になって16年間ユダを治めましたが、父ヨタムに対して「彼は、すべて父ウジヤが行ったとおり、主の目にかなうことを行った」(Ⅱ列王15:34)と言われる祖父ウジヤ、父ヨタムのように神様に従うことをしませんでした。 さらに、神様に従わないばかりではなく、...

礼拝宣教要旨  「神を見た人」    (2013年4月21日)

 聖 書:イザヤ書6章1節~13節 宣教:福田 勝敏牧師  本章の冒頭に「ウジヤ王の死んだ年に」とあります。このウジヤ王は16歳で王となり、52年間王位にありました。「彼はすべて父アマツヤが行ったとおりに、主の目にかなうことを行った。」(Ⅱ歴代26:4)と、聖書は評価しています。 そのようなウジヤも、晩年には心に思い上がり、傲慢な心になり、堕落し、ついに神の裁きを受け、...

礼拝宣教要旨  「聖なる神は正義」  (2013年4月14日)

 聖 書:イザヤ書5章8節~25節 宣教 福田勝敏牧師 イザヤ5章は、さばきの書、罪の指摘の書とも言える箇所です。「ああ」で始まる文章が6回も出てきます。この「ああ」という言葉は、口語訳聖書では「わざわいなるかな」となっており、新共同訳聖書では「災いだ」と訳されています。 ここで私たちは、イザヤを通して神様が指摘されるさばきの原因を学んで、これを反面教師として神様に喜ばれ、恵まれ、祝福をい...

礼拝宣教要旨   「心が内に燃える」    (2013年4月7日)

  聖 書:ルカの福音書24章25節~34節    宣教 福田 勝敏牧師 本日のテキストは、イースター当日の午後の出来事で、13節から続いています。イエス様が復活された日の午後、二人の弟子がエルサレムから約11キロほど離れたエマオという村に向かっていた時の出来事です。1、目がさえぎられていた この弟子たちは、イエス様の復活の出来事について話し合い、論じ合っていたと言います。彼らは墓に行った...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。