Entries

スポンサーサイト

礼拝宣教要旨    2014年7月27日(日)   宣教:福田勝敏牧師

主題「平和の契約」         聖書:イザヤ54:1~10      本章は預言者イザヤによって語られた、神のさばきによるバビロン捕囚と、その後に与えられる神による恵みの回復の預言です。1、喜び歌え 「子を産まない不妊」の女性に対して「喜び歌え」「喜びの歌声をあげて叫べ」と語りかけているのは何故でしょう。普通は喜べない状態の人に対して、「喜び歌え」と言っているのは何故でしょう。...

礼拝宣教要旨    2014年7月20日(日)   宣教:福田勝敏牧師

主題「悲しみの人」        聖書:イザヤ53:1~12     悲しみの人、苦難のしもべとしてのキリストの姿を最も鮮明に預言している箇所がイザヤ書53章です。 イザヤは、紀元前750年前後に活躍した預言者ですが、ここまでリアルに預言されていることは驚くべきことです。ある人々は、「この個所は、あまりにもリアルすぎるので、キリストの生涯を見た人が、後代に挿入したんだろう」と言っていましたが、死海写...

礼拝宣教要旨    2014年7月13日(日)   宣教:福田勝敏牧師

主題「美しい足」        聖書:イザヤ52:4~10    イスラエルの民が、バビロンに捕囚になって苦しみの生活を味わう前に、イザヤは回復の幻を受けて、先取りの喜びを歌っているのです。 聖都エルサレムは、今後バビロンによって汚され、崩壊され、民たちも捕囚とされて異邦の地に引かれていくことになります。 そのような状況の中で、滅亡するけれども再び、回復が与えられ、さらに大きな祝福が与えられるところ...

教会学校合同礼拝宣教要旨  2014年7月6日(日) 宣教:福田勝敏牧師

主題「子どもを愛するイエス様」    マルコ10:13~16    昨年から、教会学校合同礼拝の機会を持っています。本当はもっともっとたくさん合同礼拝があればいいなあと思います。それは、牧師が小さい子どもたちが好きだからというのではありません。イエス様が「子どもたちを、わたしのところに来させなさい。止めてはいけません。神の国は、このような者たちのものです」と言っておられます。また「子どもたちを赦して...

礼拝宣教要旨  2014年6月29日(日) 宣教:福田勝敏牧師

主題「掘り出された穴」        イザヤ書51:1~8  私たちは、神の恵みと哀れみ、ゆるしと寛容を覚えて過去を振り返り、今あることを感謝する時を持つことは大切です。1、掘り出された穴 わたしたちが今、神様の祝福をいただくことができるとしたら、それは自分たちの努力や善行の結果ではありません。ただ神の選びと恵みによるのです。 ここで、神はイスラエル民族になぐさめと、回復の希望を告げておられます。...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。