Entries

スポンサーサイト

礼拝宣教要旨   2014年 10月19日(日)   宣教:鈴木俊見先生

*鈴木俊見(としあき)先生紹介 鈴木先生は、1982年生まれの32歳で、奥様とお子様がお二人の四人家族です。埼玉大学卒業、聖書宣教会神学校卒業、2014年春から現在、岡山に拠点を置いてKGK(キリスト者学生会)中国・四国地区主事として働きを進めておられる、キリスト教会若手のホープ。                  主題「主の前に立て」      聖書:Ⅰ列王記19:9〜14 預言者...

礼拝宣教要旨    2014年10月12日(日)   宣教:福田勝敏牧師

主題「終末の祈り」」      聖書:イザヤ64:1~12     この章は前の章からの続きで、預言者イザヤの祈りです。また祈りの中心は、厳しい審判者である神による最後の審判の厳しさです。1、さばきと救いの神    1~4 神は、罪に対しては徹底した裁きを行われるお方です。また、キリストの再臨に伴う最後の審判は、完全なさばきと滅びがあるのみです。「主の日は、盗人のようにやって来ます。その日には、天は...

礼拝宣教要旨   2014年10月5日(日)   宣教:福田勝敏牧師

主題「神に愛される者」」     聖書:イザヤ63:7~14a      本章の初めに出てくる「エドム」とは、アブラハムの子イサクの子である「ヤコブ」の双子の兄弟の兄である「エサウ」の子孫にあたる民族だと言われています。このエドムはヤコブの子孫であるイスラエル民族とは常に敵対していました。そのために、神から裁きを受ける立場にあったのです。1、罪を厳しくさばかれる神   1~6 前...

礼拝宣教要旨    2014年9月21日(日)   宣教:福田勝敏牧師

主題「時代の見張り人」」    聖書:イザヤ62:1~12     イザヤは、ウジヤ王が死んだ年にエルサレムの神殿で、「だれを遣わそう。だれが、われわれのために行くだろう」と言われる神の声に答えて「ここに、私がおります。私を遣わしてください」(イザ6:8)と献身を表明して預言者となりました。イザヤは、バビロンによってエルサレムの崩壊と捕囚が実行されることを預言しながらも、神によるエルサレムの回復を信じて...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。