Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/129-2542c597

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

礼拝宣教要旨    2015年6月7日(日)    福田勝敏牧師

主題「互いに足を洗い合う」  聖書:ヨハネ13章1節~15節
 
12章で主イエスは公然と多くの人々の前にご自身を表されました。多くの人々の前で語られました。
 そして13章からは弟子たちをそばに置いて彼らに語られました。BFバックストン師は、「主は13章では行いによって、14章から16章では言葉によって、17章では祈りによって弟子たちを教えられた。」と言われます。特に本日のテキストの箇所は、行いにおける主イエスの模範です。この模範を示された箇所に登場する弟子たちの中で、二人の人物に注目します。一人はイスカリオテのユダ、もう一人はペテロです。

1、イスカリオテのユダ
 ユダは主イエスの12弟子のひとりとして選ばれた人でした。しかも、弟子たちの信認を受けて会計係をしていました。そして、主イエスにも愛されていた弟子でした。
 ところが彼は、金銭の誘惑に負けて、イエスをお金で売るという恐ろしい罪を犯しました。「『彼をあなたがたに売るとしたら、いったいいくらくれますか。』すると彼らは銀貨30枚を彼に支払った」(マタ26:15)と交渉し、主イエスの最後の晩餐の時にはすでに銀貨を受け取っていましたが平静を装っていました。彼の心の中には悪魔の誘惑によって、罪が入れられていたのです。

2、ペテロ
 ペテロは時代を超え、地域を超えて多くの人々から愛される人です。それは素朴で優しく、大胆、率直な人柄だったからでしょう。しかし一方、ペテロは自信家で高慢な部分もありました。
 マタイ16:15,16によると、主イエスが「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか」と弟子たちに尋ねられた時、ペテロがすかさず「あなたは、生ける神の御子キリストです。」と言って主イエスにほめられました。しかしその後の21,22では、主が「多くの苦しみを受け、殺され、3日目によみがえる」と弟子たちに十字架と復活の予告をされた時、「ペテロは、イエスを引き寄せて、いさめ始め」、「下がれ。サタン。あなたはわたしの邪魔をするものだ」と叱責されています。
 彼の決心はすばらしいものがありました。しかし、欠点は、へりくだって自分の弱さを認め、主により頼み、主のあわれみにすがることをしなかったところにあります。

3、主イエスのご愛
 銀貨30枚で、主イエスを敵の手に売っていたユダや自信家で高慢なペテロを代表とするような主エスの弟子たちでしたが、主イエスは「世にいる自分の者たちを愛して、彼らを最後まで愛し通された」(口語訳)のです。その具体的な行動が、弟子たちの足を洗われることでした。
 この足を洗っていただいた中には、裏切者イスカリオテのユダも「サタン」と言われたペテロも含まれていました。
 主イエスはこのように、文字通り「その愛を残るところなくしめされた」のです。
 私たちは、少しのことで愛が冷えたり、憎しみに変ったりしやすい者です。「わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするように、わたしはあなたがたに模範を示したのです」(15)と言われるお言葉に耳を傾け、従う者にならせていただきましょう。
 主イエスの愛は、文語訳では「世に在る己の者を愛して、極まで之を愛し給へり」(1)と訳されています。
 そうです。弱りやすく、疑いやすく、つまずきやすく、ユダのように裏切りやすい者をも最後まで、極みまで愛して十字架の上で「父よ。彼らをお赦しください。彼らは何をしているのか自分でわからないのです」(ルカ23:34)と、とりなしてくださった十字架と3日目によみがえられた主イエス・キリストを見上げましょう。そして、主イエスの残してくださったお手本に倣って、人々に仕え、足を洗わせていただく生涯とさせていただきましょう。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/129-2542c597

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。