Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/13-386afb57

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

礼拝宣教要旨  「雪よりも白くなる」 (2013年2月24日)

       聖 書:イザヤ書1章13節~20節 宣教:福田勝敏牧師
 
 今年の教団、教会の標語は「御言葉を宣べ伝えなさい・地域に根差す教会として」です。そこで旧約聖書の預言者を代表するイザヤの書から神のご臨在の下に生かされ、信仰にしっかり立つことを学び、徳島県に、阿南市に、そして羽ノ浦町に根差す教会であり、御言葉を宣べ伝える教会であり、救われる人々が次々と起こされるように成長させていただきたいと思います。
 イザヤは紀元前700年代半ばの人ですが、一般によく言われる予言者(予め未来のことを語る人)というより、神からお言葉を預かって人々に伝える人、福音の伝道者でした。
1、背きの民
 当時のイスラエルは、北王国イスラエルと南王国ユダに二分されていましたが、両国ともに神に背き、偶像礼拝に陥り、その結果神の裁きの故に、敵国アッシリヤによって苦しめられていました。
 それでもなお、人々は悔い改めることをしないばかりか、罪の道を歩み続けていたのです。その姿は、牛が飼い主を知り、ロバが持ち主の飼葉おけを知っているのに、自分たちを愛し、救い、導いてくださる神を忘れたふるまいをする彼らは家畜にも劣る者だと語ります。
2、偽善の民
 神に背くイスラエルでしたが、形だけの宗教儀式は行っていました。いけにえを捧げ、香をたき、手を差し伸べて祈りもささげていました。ルカ18章9~14節でイエス様がパリサイ人と取税人のたとえ話で語られたように、神は祈る人の声ではなくその心を見ておられるのです。「まことに、あなたはいけにえを喜ばれません。全焼のいけにえを、望まれません。神へのいけにえは、砕かれた霊。砕かれた、悔いた心」(詩51:16,17) です。
 神は偽善を退けられます。イスラエルもユダもこの偽善のために神に裁かれることになったのです。
3、神の本心
 神は、神に背き、罪を犯し、偽善を繰り返すイスラエルを完全に捨て去ることをしないで、ゆるしの道、あわれみの道を開いて「もし喜んで聞こうとするなら」とは、神が立ち返りを待ち望んでおられることを示しています。
 神がゆるしのための道を最後まで残してくださっている事実こそ、神の本心です。
新約聖書に教えられた赦しは、この神のご本心を理解して、真実に悔い改めるなら、キリストの十字架の血潮によって罪ゆるされ、真っ赤な血に染まったように汚れた罪の心も赦され、雪よりも白くしていただけるのです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/13-386afb57

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。