Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/140-52c99142

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

礼拝宣教要旨    2015年 8月23日(日)   福田勝敏牧師

主題「あなたはわたしを愛するか」 聖書:ヨハネ21:15~23
 
私たちは、昨年の11月からヨハネの福音書を通して神様のメッセージに導かれてきました。そして、今日はヨハネの福音書最後の21章です。バックストン師は、この21章を「付録であります。」と語られましたが、また「この付録は甚だ大切であります」とも語られました。そして、「私共は此章に於て主の昇天より再臨に至るまでの教会の働きを見ることができます」とも語っておられます。

1、弟子たちの熱心
 イエスは復活して、マグダラのマリヤと数名の女性が墓にいたとき、彼女たちにそのお姿を現されて、「恐れてはいけません。行って、わたしの兄弟たちに、ガリラヤに行くように言いなさい。そこで私に会えるのです」(マタ28:10)と語られました。つまり、イエスは弟子たちに「ガリラヤでわたしに会うために私を待ちなさい」と言われたのです。
 しかし、ペテロが「わたしは漁に行く」というと、他の弟子たちもみなペテロについて漁に出かけました。「しかし、その夜は何も取れなかった」のです。そのような彼らに、イエスは夜明けに岸から声を掛けられて「舟の右側に網を下しなさい」と言われました。弟子たちがそのお言葉の通りにすると、大きな魚が153匹もとれたと言います。
 彼らは、イエスに命じられて、エルサレムからガリラヤに来たのですが、食料の備蓄も底をついたのでしょう。イエスが「子どもたちよ。食べるものがありませんね」と言われた時「はい。ありません」と答えていることでわかります。
 彼らは食べるものがなくてもイエスを待つべきでしたが、自分たちの判断で、昔取った杵柄(きねづか)で漁をしたのです。それは、いい加減な気持ちではなく、真剣に、そして一生懸命に働いたのでしょう。しかし、一晩中働いたにもかかわらず魚は一匹もとれませんでした。
 私たちも、神様の前に祈らないで、自分たちの判断で何かをしようとしても、真面目に一生懸命にしたとしてもうまく行かないことが多くあります。しかし弟子たちは失敗のあと、イエスのお言葉に従いました。その時多くの魚が取れたのです。
私たちの熱心は、弟子たちのように自分の考えに従って行動をする熱心でしょうか。主のお声に従って働く熱心でしょうか。
 わたしたちの信仰は、先ず主のみことばを聞くことから始まるのです。「信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです」(ロマ10:17)とパウロも語っています。

2、イエスのふるまい
 ペテロは、岸から声を掛けられたのがイエスだと知ると、上着をまとって湖に飛び込んでイエスのもとに行きました。
するとそこには、すでに炭火とその上に載せた魚と、パンが」用意されていました。さらに彼らが取ってきた魚もいっしょに焼いて「さあ来て、朝の食事をしなさい」とふるまってくださったのです。弟子たちは、大きな喜びに満たされたことでしょう。
 イエスは私たちも、思いがけない試練に合わせられることもありますが、その試練を通して大きな喜びを与えてくださることも多くあります。

3、あなたはわたしを愛しますか
 食事の後に、イエスはペテロに3度「わたしを愛しますか」とたずねられました。これに対してペテロは3度「私があなたを愛することは、あなたがご存じです。」と答えています。
 この時のペテロは、かつての「自分の力で何でもしよう」という気持ちはなく、主が知っておられる、「すぐに裏切ったり、すぐに熱心さが冷めてしまうような弱いわたしですが、今は、主を精一杯愛していることはご存じのはずです」という思いなのです。
 私たちも、あの人のようにできないからダメ、この人のように熱心でないからダメと言わないでください。あなたが今日、この時、「あなたはわたしを愛しますか」とたずねられる主に「私があなたを愛することは、あなたがご存じです」とお答えして、今ある、主に対する愛をもって、「あなたは、わたしに従いなさい。」と言われる、わたしのために十字架に付き、命をささげ、よみがえって、永遠のいのちを与えてくださった主に、感謝と誠意をもって従う者でありましょう。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/140-52c99142

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。