Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/142-d0bfdb89

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

礼拝宣教要旨    2015年 9月 6日(日)  福田勝敏牧師

主題「イエスの昇天」      聖書:使徒の働き1:1~14
 
使徒の働きには、著者が誰であるか記されていません。しかし、ルカの福音書1章1~5と本日の箇所を見るとその著者がルカであったことが分かります。このルカは、初代教会誕生の頃、常にパウロと行動を共にしていた人で、ルカの福音書と使徒の働きを書いたと言われています。
 本書は、使徒の働きですが字句通りですと使徒たちの働き、業績の書ということになりますが、2章において、聖霊なる神様がイエス・キリストの代わりの助け主としてこの地上においでくださった様子が描かれ、その後の弟子たちの姿から、本書は「聖霊の働きの書、聖霊行伝」と呼ばれるべき書であると言えます。つまり、目に見えない主キリストでもある聖霊なる神がいかに使徒たちを通して働かれたかが記されている所なのです。

1、キリストの命令
 イエス・キリストは復活されてから、四十日に渡って度々そのお姿を弟子たちに現してこられましたが、いよいよ天にお帰りになる前に、弟子たちに対して大切な事を命じられました。
 それは「エルサレムを離れないで、わたしから聞いた父の約束を待ちなさい」でした。この約束とは、弟子たちが聖霊のバプテスマを受ける、ということです。

2、聖霊のバプテスマの結果
 それでも弟子たちは、「主よ。今こそ、イスラエルのために国を再興してくださるのですか」との質問をしています。彼らには、目に見える形でイスラエル国家がローマを滅ぼし、世界の頂点に立つことが神の約束であり、神の祝福だと思っていたのです。
 それに対して、イエスは「聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そしてエルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります」と言われたのです。
 イエスが弟子たちに、そして現代のわたしたちクリスチャンに求めておられることは、クリスチャン一人一人が聖霊に満たされて、キリストの証人になることなのです。そして、そのことが世界の平和となり、祖国日本の平和ともなるのです。決して権力や武力で本当の平和を勝ち取ることはできません。聖霊なる神が、本当の平和を実現してくださるのです。そのことを心に覚えて今回のチャペルコンサートにもご家族、友人、知人をお誘いしましょう。

3、イエスの昇天と約束
 イエスが聖霊なる神を待つようにお命じになられた後、弟子たちが見ている目の前で天に上げられ、「雲に包まれて見えなくなられた」のです。そして、天の御使いが現れて、「あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たときと同じ有様で、またおいでになります。」と語られました。つまり、イエス・キリストはまた再びこの地上に来られるという約束がされたのです。これが「再臨の約束」です。御使いは「あなたがたが見たときと同じ有様で」と語っています。単なる教えではなく、また夢、幻でもなく、当時の弟子たちは現実にイエス・キリストの十字架と復活、そして昇天をその目で見たために迫害され、投獄され、傷つけられ、多くのクリスチャンが殺されても、昇天されたキリストは約束通り再臨されて、全てを裁き、全てを新しくしてくださると信じ、命をかけて全世界にこの福音を伝えたのです。
 私たちも、私のために死んで罪を赦し、よみがえって永遠の命の保証となってくださったイエス・キリストを本気で伝える者としていただきましょう。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/142-d0bfdb89

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。