Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/146-6881c330

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

特別礼拝宣教要旨  2015年10月 4日(日)福田勝敏牧師

主題「神の国は近づいた」聖書:マルコの福音書1:14~15

 イエス・キリストは30歳まで、イスラエルの北部にあるガリラヤ地方のナザレという田舎町でお育ちになりました。
 そして、30歳になられて多くの人々に神様のことを伝える公の生涯に入られました。
3年半の公の生涯の終わりはあの十字架の死でした。しかし、普通であればそれでおしまいになるのですが、イエス・キリストはお墓に入れられて三日目によみがえり、今も信じる者とともに歩んで下さるのです。
 このイエス・キリストは公の生涯3年半に、実に多くの奇跡を行い、多くの教えを語られました。
 本日の、「時は満ち、神の国は近くなった。悔い改めて福音を信じなさい。」もその一つですが、この教えは実に大切な内容を持っています。
1、神の国とは何か
 イエスが言われた「神の国」とは何でしょう。「神の国」がわたしたちが実際に生活している地上の国とは異質のものだろうということは何となくわかります。そこで多くの人は「神の国」とは理想上の国のことだろうと思います。病気がなく、貧しさがなく、悩みもなく、争い、戦争もない国を想像するのです。しかし、それがどんなに理想の国であっても人間が造り上げようとする国であれば、それは神の国ではなく、人間の空想の世界でしかありません。神の国とは、私たち人間の想像をはるかに超えた国であって、私たちには思いも及ばないのです。この国については聖書が明らかにしています。なぜなら、神の国の神は聖書の示す神だからです。
2、神が支配される国
 聖書は、なぜ「神の国」と呼ぶのでしょう。それは聖書の示す「神の国」は、私たちの住む地域、つまり、神の国とは国境があるような、地域ではありません。神の支配の及ぶところ、神が王権を行使されるところであると言っていいでしょう。
 経済、武力、権力、が力を持つ世界ではありません。十字架にかかれましたが、三日目によみがえって、天にお帰りになって、聖霊と呼ばれる、目には見えない神を信じる者に与えて、その心と思いを支配してくださるのです。この支配を受ける人々のいるところ、そこが神の国なのです。
3、近づいた神の国
 前述の神の国が近づくとはどのような状態を指すのでしょう。それは今一つの「神の国」を指しています。つまり、この地球も宇宙も滅ばされて
新しい天と地が造られると聖書は教えます。そこに入れていただけるのは、神の前に罪を悔い改めて、聖霊なる神の支配をいただく人たちです。
聖書は「悔い改めて、福音を信じる」ようにうながしておられます。
 わたしたちは、だれひとり罪のない者はいません。「すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず」(ロマ3:23)と聖書は語ります。しかし、「ただ、神の恵みにより、キリスト・イエスによる贖いのゆえに、価なしに義と認められるのです」という言葉が続いています。つまり、私たちの罪がゆるされるときに私たちは義とされて、天の神の国に入る特権が与えられるのです。
 また、神が現在私たちが住んでいる世界を滅ぼして、新しい天と地を創造される時、そこに入れていただくことができるのは、罪をゆるされて神の子とされた者です。世の終わりが迫り、新しい神の国が近づいているこの時、あなたも罪を悔い改めて、あなたのために十字架にかかってくださったイエス・キリストを信じましょう。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/146-6881c330

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。