Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/151-6a2d7bfa

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

宣教題「主は私の羊飼い」          聖書  詩篇23篇1節~6節

教会学校合同礼拝説教要旨 2016年7月10日  宣教 福田勝敏牧師
 
今日は、教会学校のお友だち、中学生、高校生の方と、いつもこの時間に礼拝を捧げておられる皆さんと一緒の礼拝になっています。羽ノ浦キリスト教会では1年に2回、このような礼拝をしています。
 今日も、教会学校のお友だちが元気に讃美歌を歌い、み言葉を暗唱する姿に大人の方々も励まされることでしょう。聖書の箇所は、いつもの流れから離れて、有名な詩篇23篇です。
 この詩篇は、イスラエルの第2代目の王様で、神様に選ばれたダビデが詠んだ詩篇です。サウルという第1代目の王様に、王様の地位を狙っていると誤解されて、迫害され、殺されそうになった時に詠んだのか、年齢が進んで、王様の地位を息子のソロモンに譲ることを考えるようになったころに詠んだのかはっきりしませんが、ダビデが信じている神様、私たちが信じている神様は、いつも愛する者たちを守ってくださるお方だということをきれいな詩であらわしています。

1、祝福を与える羊飼い
 イスラエルの国には昔から羊を飼う仕事をする人がいました。現代も遊牧民族と言われる、羊の皮のテントに住んで、羊の食べる草を捜して移動しながら生活をしている人が多くおられます。
 羊は自分で草を捜すことができませんが、羊飼いが、羊に必要な草や水を捜してそこに連れて行ってくれるのです。このように神様を信じて従う者に必要なものを与え、祝福に導いてくださいます。

2、羊を守る羊飼い
 ダビデも、子どもの頃は羊飼いの少年でしたが、羊の群れを飼っている時に熊やライオンが羊を襲うことがあったようです。そんな時、ダビデは熊やライオンから羊を守ったと言っています(Ⅰサム17:34~35)。このように、本当の羊飼いは、いのちをかけて羊を守るのです。さらに、イエス様は「わたしは、良い牧者です。良い牧者は羊のためにいのちを捨てます」(ヨハ10:11)と言われました。そして、やがて十字架にかかって「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです」(ルカ23:34)と言って私たちの罪の身代わりに命を捨ててくださいました。
 イエス様は、本当に神の羊である私たちのために命を捨ててくださったのです。そして3日目によみがえって、信じる者の罪を赦し、永遠の命を与えてくださいました。

3、祝福される羊飼い
 本当の羊飼いは、羊の祝福を考えてくださいます。神様は、私たちがサタンに囲まれているようなときにも守ってくださるのです。そして、神様を信じる者は神さまといつも一緒にいることのできる祝福を与えられるのです。
 「いつくしみと恵みとが、私を追って来るでしょう」と言っているように、神様はわたしたちを追いかけてでも祝福を与えてくださるのです。
 迷い子になった羊を捜して見つけ出してくれた羊飼いのように私たちをいつも探して、滅びから救い、祝福を与えようとしてくださっています。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/151-6a2d7bfa

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。