Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/3-f21bf2e4

トラックバック

コメント

[C2]

いつも心が洗われます。。。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

クリスマス礼拝 「まことの礼拝者」 (2012年12月23日)

 聖 書:マタイの福音書2章1節~12節

 世界中でクリスマスのお祝いがされています。「今年のクリスマスはどこで、どんなクリスマスにしようか?」と言った会話を聞きます。
 そして、日本では全国の繁華街で多くの若者たちがお酒を飲んで、大騒ぎをしています。そのために犯罪や事故も多くあります。これはクリスマスの意味を全く理解していない人々の意味のないクリスマスです。
 本来クリスマスとは、クリスト降誕を祝う聖なるマス(祭)なのです。こうしたことから、本当のクリスマスとはどのようなものなのかを聖書から教えられることも大切だと思います。
 さて、聖書によれば世界で最初のクリスマスは、ヨセフとマリヤ、貧しい羊飼い、数人の近所の人たち、そして牛、馬、羊のような家畜たちが祝福しただけでした。
 ところが同じころ、遠い東の国の博士たちが、世界の救い主の誕生を知らせる不思議な星を見つけて調べていました。そして彼らはイスラエルに向けて旅立ったのです。彼らの国はバビロニヤだろうと言われていますから、ペルシャ湾北部のチグリス川とユーフラテス川の間に位置する、現在のイラクあたりだろうと思われます。その距離は数百キロ離れていただろうと思われます。かなり困難な旅行でしたが「ユダヤ人の王としてお生まれになった方を拝むため」という目的のために、エルサレムまでやって来たのです。
1、礼拝者の謙遜
 博士たちは、ユダヤ人の王としてお生まれになった方だから、当然王宮におられると思って当時のユダヤの王ヘロデを訪ねました。
 そして、王の命令によって聖書(当時の聖書は現在の旧約聖書)を調べた人たちは、救い主がベツレヘムに生まれることを預言者ミカのミカ書5章2節「ユダの地、ベツレヘム。あなたはユダを治める者たちの中で、決して一番小さくはない。わたしの民イスラエルを治める支配者が、あなたから出るのだから。」を見つけてヘロデ王に報告しました。
 そのことを教えられた博士たちが王宮から外に出ると、あの東方で見た星が動き、幼子イエス様のおられる家の上でとどまったのです。
 そこはすでに家畜小屋ではありませんでしたが、貧しい家族の旅行途中の仮住まいです。土間にベットを置いただけの質素な部屋だったようです。
救い主イエス様は豊かに富んでいる高慢な人ではなく、貧しくても謙遜な人々の心の中に住んで下さるのです。すなわち、罪を認め、弱さを認め、真の救い主を必要とする人たちのうちに来てくださるのです。
2、礼拝者の姿勢
 家の中に入った博士たちは、別の説では小国の王たちではなかっただろうかと言われるほど裕福で、地位の高い人たちでしたが、王宮のまばゆく輝く黄金のベットではなく、質素で、堅く冷たいベットに寝ておられるイエス様のところにきたのです。ここに、この人たちの謙遜な姿を見る思いがします。しかも彼らは、当時2歳ほどになっておられた幼子イエス様の前に、汚れた土間にひれ伏して礼拝しました。ひれ伏すとは、膝を曲げて座り、おなかから、胸、おでこまでべったりと土につける姿です。つまり、このお方に全面降伏しますという姿勢です。付腹礼拝とも言います。
3、礼拝者のささげ物
 博士たちは、幼子イエス様に対して最高のささげ物をしました。黄金、乳香、没薬です。ある説によれば、黄金は王である救い主に対するささげ物、乳香は神である救い主にささげる物、没薬は死をもって救いを完成される救い主に対するささげ物である。と言われています。
 この博士たちの礼拝する姿勢は私たちの礼拝の姿勢であるべきなのです。自己中心や、高慢を悔い改め、神の前に謙遜になって礼拝しましょう。すべて神にお任せし、ひれ伏して礼拝しましょう。神様の前に喜んで心も財も自分自身もささげる礼拝者とさせていただきましょう。
 
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/3-f21bf2e4

トラックバック

コメント

[C2]

いつも心が洗われます。。。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。