Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/35-7783f9df

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

礼拝宣教要旨  「見ておられるお方」 (2013年8月11日)

聖 書:イザヤ書18章1節~7節         宣教:福田勝敏牧師

神はイザヤを通して,当時の世界で繁栄を誇った国々、アッシリヤ、エジプト、クシュ(エチオピア)などが、次々と裁かれる様子を預言しておられます。

1、羽こおろぎの国
 当時のクシュはエチオピアであると言われますが、紅海に面しているスーダン、エリトリア、ジプチ、エチオピア、さらにアデン湾からインド洋に面するソマリヤという非常に広い地域を指しているようです。
 現代のこの地域はエチオピアの飢餓などに代表されるように、飢えと貧しさの地域のように思われますが、当時は水路が豊かで、「羽こおろぎの国」と呼ばれるほど多くの生物が住み、多くの国々から強国として恐れられていました。このクシュの国はエジプトを滅ぼし、アッシリヤをも飲み込もうとする勢いがありました。
 現代の社会も成功者、勝ち組と言われる人は、経済的に豊かな人、権力を持った人を指すことが多くあります。しかしイザヤは、それらの権威、権力、経済力も神様の前には全く無力であり、空しいことを語るのです。

2、見ておられるお方
 クシュが力を誇り、世界にその勢力を伸ばそうとしている様子を、神はその御座である天からじっと見ておられ、ぶどうの花が終わり、実が熟するまで待って、神に反逆するクシュが自分の絶頂を誇る時に、がぜん裁きを行い、天地万物の創造者であり、支配者である神こそが世界の王であり、主であることを明らかにされるのです。
 私たちの社会も、財のある者、この世の知恵のある者、権力のある者が、自分の成功を勝ち誇りますが、真の神を心からあがめ、聖霊と愛とに満たされていなければ、やがて厳粛な神の裁きの前に立たされるのです。
 今日も、真の神は私たちの生き様も心の思いも、すべてを天の御座から見ておられるのです。

3、神を認める
 神が立ち上り、さばきを行われた時、あの強大な国土を持ち、権力を誇った国クシュが、万軍の主の主権を認め、エルサレムの神殿(シオンの山)貢ぎ物を納めに来るようになると言うのです。私たちも、取るに足りない自分の力を誇るのではなく、常に神様に栄光をお返しする者でありたいものです。
 新約時代の主は、裁きの目ではなく、愛と慈しみの目をもって、私たちを見てくださっています。独り子イエス・キリストを十字架につけ、死人のうちからよみがえらされて、私たち信じる者の罪をゆるし、永遠の命を与えてくださった父なる神様を見上げつつ、力強い信仰の歩みをさせていただきましょう。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/35-7783f9df

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。