Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/51-708ede8a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

アドベント第一礼拝 宣教要旨「神さまの熱意」   (2013年12月1日)

聖 書:イザヤ書9章1節~7節          宣教:福田勝敏牧師

今日から教会歴で「アドベント」と呼ばれる期間に入ります。アドベントとは「来臨」「出現」と言う意味もある言葉です。その日にちは、11月30日にいちばん近い日曜日から始まり、12月24日までになります。
イザヤは、今年の礼拝で学んでいるように紀元前750年以前の預言者ですが、彼の時代は暗黒の時代と言われる時代でした。
しかし、彼は神からの幻によって救いの光を見せられていたのです。つまり彼の時代は、イザヤ書8:18~22に語られている状況でした。しかし、9章に入った途端、俄然神によって状況が逆転し、希望に輝くメッセージを語っています。

1、大きな光を見たイザヤ
 イザヤは暗黒の中で、一条の光である神からの約束を確信しました。実際は暗黒の中にありながら、まるですでに現実に光の中に入れていただいたような表現をしています。「やみの中を歩んでいた民は、大きな光を見た」とは、罪の闇路を歩んでいた人が、開放されて喜びと感謝の歩みに変えられると言うのです。神からの救いの原点は、神の光の下に自らのすべてをさらけ出し、キリストの血潮によって洗われ、清めていただくのです。

2、神の御子の出現
 「ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる」これこそ喜びの原点、根拠です。このひとりのみどりごの出現は、私たち人類すべてのもののためです。ここで語られる「その名は」まさに救い主の属性を表しています。「不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君」がそれですが、この御性質はまさに神ご自身の御性質です。
 クリスマスは、この全知全能の神のひとりごがみどりごとしておいでくださった日です。私たちは、このお方の出現されたクリスマスを心からの喜びを持ってお祝いするとともに、この救い主を待ち望むアドベントとして、待ち望みたいものです。

3、限りない平和
 「その平和は限りなく」とありますが、私たちの生活している現実社会は、この神様を抜きにしていますから、国と国、民族と民族、人と人の間に争いが絶えません。国と国、民族と民族、人と人との間に平和の君である神が来てくだされば、そこにこそ真の平和がおとずれます。家庭の中に平和の神が来てくださるならその家庭に平和が来ます。
 あなたの心の中に平和の君をお迎えするなら、あなたの心には平和がおとずれるのです。
 「万軍の主の熱心がこれを成し遂げる」と言っておられます。そうです、これは私たちの努力で得られるものではなく、神が私たちを罪と死の生涯から熱意を持って救い出すために、御子イエス・キリリストをこの地上に送ってくださったのです。
 神様は今日も熱心に、私たちに真の平和を与えようとしていてくださいます。クリスマスは、遠い2千年前の出来事やおとぎ話ではありません。
 あなたが本気で神様の前に罪を悔い改め、神さまの熱心の現れであるキリストのご降誕を自分のためであったと受け止め、キリストの十字架が自分の罪の裁きの身代わりであると受け止め、キリストの復活がわたしの永遠の命の保証であったと信じるなら、クリスマスはあなたにとって最高の祝福の日となるのです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/51-708ede8a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。