Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/52-4da9cc2c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

アドベント第二礼拝宣教要旨 「道を整える人」 (2013年12月8日)

聖 書:ルカの福音書1章67節~80節        宣教:福田勝敏牧師

アドベント(待降節)第二週を迎えました。本日の聖書箇所はアドベントにはよく開かれる箇所です。このルカの福音書1章には、ヨハネ誕生の預言と誕生の次第、キリスト誕生の預言が記されています。
 また、本書には三つの賛歌と呼ばれる、三人の賛歌が記されています。ひとつはエリサベツの賛歌、二つ目はマリヤによるマグニフカト(崇める)と呼ばれるマリヤの賛歌、そして本日のテキストでもあるザカリヤの賛歌です。

1、神のあわれみ
 ヨハネの父ザカリヤは、この賛歌を「ほめたたえよ」ラテン語で「ベネディクトゥス」という言葉から始めています。何故ザカリヤは「ほめたたえよ」と叫んだのでしょう。それは、神が私たちをあわれみ、旧約聖書の預言通りイスラエルをあわれみ、解放してくださったというイスラエルの歴史を振り返って感謝をしているのです。
 さらに、ローマの圧政の中に苦しみながらも、神が救いの御業を始められることを信じて先取りの賛歌をささげているのです。

2、角を立てられた
 角は力の象徴です。「救いの角」は「力ある救い」の意味があります。つまり、神はイスラエルに対して、力強い救いの業を行ってくださることをたたえているのです。
 クリスマスは、この「救いの角」すなわち「力ある救い」そのものであるイエス・キリストがお生まれになった日です。私たちが、この聖書の箇所だけでなく、旧、新約聖書全体を注意深く読んでいくなら、神がいかに古くから、つまり創世記3:15節からすでに、罪に汚れた人類をあわれみ、滅びからの解放を計画してくださっていることを知ることができます。

3、いと高き方の預言者
 この個所に登場するヨハネは後の日、バプテスマのヨハネと呼ばれるようになりますが彼の主たる役割は、「道を整えることだ」と言われます。彼は成人して、人々の罪を指摘し、神の救いを求めるように「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから」(マタイ3:2)と叫び続けました。
 私たちクリスチャンは、神に愛され、キリストの十字架と復活によって救われた者です。バプテスマのヨハネのように「心から神をほめたたえ」「力強い救い主を信じ」「救いの道を人々に伝える」お互いでありたいものです。
 バプテスマのヨハネは、最後の最後まで人々の目をイエス・キリストに向けさせたのですが、私たちも究極の救いである罪からの解放とゆるしを周囲の人々に伝える者でありましょう。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/52-4da9cc2c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。