Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/60-ef7855ba

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

礼拝宣教要旨  「神の言葉に聞け」  (2014年1月19日)

聖 書:イザヤ書34章1節~4節          宣教:福田勝敏牧師

 私たちは神を信じて魂の救いを受け、恵みによって守られていることを感謝します。そして、もっと神の愛を知り、祝福に与りたいと願います。メッセージもできるだけ神の愛と祝福について聞きたいと思います。
 できれば、さばきや滅びについては聞きたくないし、向き合いたくありません。しかし、聖書には神の愛と共に厳しいさばきや滅びについても語られていることは事実ですし、さけることはできませんし、さけてはいけないことです。本日のイザヤ書34章はその裁きの書であると言えます。

1、世界の審判
 天地創造の神が、全世界の全存在を支配しておられる絶対主権者であることを前提にし、その神の裁きが語られている、壮絶な宣言であると言えます。
 神に創造され、守られ、恵みの支配を受けながら、神に反逆し、無視し、神に向かって高慢にふるまう者は必ず裁かれるのです。
 そしてここでいわれるさばきは全世界的という表現を超えて、全宇宙的な規模であることを語っています。このさばきの様子はⅡペテロ3:8~14が見事に描いています。ここには、神の愛と忍耐、正義とさばきが記されています。私たちは、今日もこの神様の審判の預言のもとに立たされていることを自覚すべきです。

2、エドムの審判
 エドムという国は、エサウ(エドム)とヤコブ(イスラエル)という兄弟の子孫ですから、いわば親戚筋に当たります。しかし、この二つの民族の間には常に戦いがありました。
 イザヤの活躍したアハズ王 (BC735~715) の時代にも、ユダ(イスラエル民族)がエドムに侵略されたことがありました。神の民イスラエル民族に対してエドムが行った行為が終わりの日に取り上げられ、神が正しいさばきを行い、厳しい報いを与えられます。
 イザヤは、世界の終末時代に全世界に対して実行される、神の徹底した裁きの恐ろしさを語っています。私たちは、このことを絵空事のように聞き流すことなく、この預言に向き合い、示される罪を悔い改め、このさばき主を知らない家族、友人知人、そして世界の人々に伝えることが大切です。

3、神の言葉に聞け
 あまりに現実離れをしたように思える裁きの内容に多くの人々は、このさばきの預言を単なる比喩、たとえ話のように見ています。しかし、神が預言者たちを通し、聖書に示された様々な預言は今日まで驚くほど確実に実現していることを見なければいけません。
 私たちが、旧約聖書、新約聖書を通して語られる神の救いと恵みを知らされて恵まれ、感謝をささげると共に、こうした裁きの記事からも目をそらさず、正直に自分の心の現実に向き合うべきです。その時、神の御子イエス・キリストの十字架による罪の許しと、復活という奇跡によって約束される永遠の救いにあずかることの喜びと感謝は計り知れないものとなります。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/60-ef7855ba

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。