Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/63-bb3ce633

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

礼拝宣教要旨 「『良き隣人』について」 (2014年2月16日)

聖 書:ルカの福音書10章25~37節、 マタイの福音書25章32~46節   
宣教:近藤治郎牧師 (希望館チャペル牧師、徳島自殺予防協会理事長)
 
希望館が始まって39年、いのちの希望(電話)が始まって35年になり、私も75歳となりますので、今年三月で理事長を辞し、県医師会長の川島周先生にバトンタッチとなりました。
今朝は今日までのご支援に感謝とお礼を申し上げ、今後の自殺予防運動のために、更なるお祈りご支援をお願に参りました。
ヨハネ第一の手紙4章には「私たちもまた互いに愛し合うべきです。」(4:11)「いまだかつて、だれも神を見た者はありません。もしわたしたちが互に愛し合うなら、神は私たちの内におられ、神の愛がわたしたちのうちに全うされるのです。」(4:12)と記されています。
「人」は私たちの生き方、関わり方、すなわち「良き隣人」であるかどうかによって、神が愛であり、人生は祝福された希望に満ちたものであることを理解し「生きる勇気と希望」を見出します。
ルカの福音書10章には「先生。何をしたら永遠のいのちを自分のものとして受けることができるでしょうか」(10:25)。「イエスは言われた。『律法には、何と書いてありますか。あなたはどう読んでいますか。』」(10:26)「すると彼は答えて言った、『心を尽くし、思いを尽くし、力を尽くし、知性をつくして、あなたの神である主を愛せよ』、また『あなたの隣り人をあなた自身のように、愛せよ』とあります。」(10:27)。「イエスは言われた。『そのとおりです。それを実行しなさい。そうすれば、いのちを得ます。」(10:28)と記され、良き隣人の「生き方」を教えて下さっています。
さらに具体的には、マタイの福音書25章で、「いと小さき者の一人にしたのは神にしたのであり、いと小さき者の一人を軽んじた者は神を知らないものだ」と記され、「見ておられる神」の正しい裁きを記しています。
主「イエス」こそ、罪深い者、病める者、弱い者の最も「良き隣人」であられました。
私たちも主イエスに倣い、「良き隣人」として、誠実に、謙虚に、温かく、「神の愛を証し」伝えてゆく者で在りたいと思います。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/63-bb3ce633

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。