Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/68-7fc87e36

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

礼拝宣教要旨    「恐れるな」    2014年3月23日)

聖 書:イザヤ書41章5節~16節       宣教:福田勝敏牧師

神様は、私たちの理解困難なことをされることが多くあります。思いがけない事故、病気、環境の変化などです。

1、神のご計画
 「島々よ。わたしの前で静まれ」とは、すべての国々、すべての人々を指しています。そして「だれが、ひとりの者を東から起こし、彼の行く先々で勝利を収めさせるのか」と言われているのは、東の国ペルシャのクロス王を立てて世界を治めさせられたのは神ご自身であるというのです。
 ユダにとって、思いがけない強大な国の出現です。しかもそれは、神様のゆるしのもとに立てられた国でありクロス王だというのです。
 ユダにとってこれまで、周囲の国々に苦しめられ、圧政を受けていましたが、今また強大なペルシャが起こったことで、失望の淵に追いやられるような思いがしました。しかし、これは後の歴史の中で明らかにされる、神様のご計画だったのです。私たちの周囲に、様々な思いがけないことが起こることがありますが、時が過ぎて振り返る時に、これは神様のご計画だったんだと知らされることがあります。

2、神の選びの民
 「しかし、わたしのしもべ、イスラエルよ。わたしが選んだヤコブ、わたしの友、アブラハムのすえよ。」と言っておられます。イスラエル民族の先祖アブラハムは、「神の友」と呼ばれ、その子孫イスラエルは神に選ばれた民だと言われます。そのために神は、アブラハムとその子孫を非常に愛しておられるのです。その証拠に、アブラハムを選んでカルデヤのウルの地から導き出されました。さらに、エジプトで奴隷として苦しんでいた時に神様はモーセを選んで、エジプトの地から救い出してくださいました。「あなたは、わたしのしもべ。わたしはあなたを選んで、捨てなかった。」と言われる証拠はその歴史の中にあらわされているのです。
 多くの人々は「なぜ神はイスラエルを選ばれたのか。なぜ日本を選ばれなかったのか。」ということがあります。しかし、イエス・キリストは「あなたがたがわたしを選んだのではありません。わたしがあなたがたを選び、あなたがたを任命したのです。」(ヨハネ15:16)と私たちに語りかけてくださいます。イエス様が十字架にかかってわたしたちの罪をゆるし、よみがえって信じる者に永遠の命を与えてくださいます。この選ばれたあなたがたとは私たちのことです。私たちは何故選ばれたのでしょう。
 選ばれる原因は、私たちの側にあるのではありません。これは神の一方的な選びです。私たちはただ感謝して信じるのみです。

3、恐れるな
 10節、13節、14節に「恐れるな」と言われています。私たちは神のご計画の中で選ばれ、救われていながら、様々な現象のゆえに恐れることの多い者です。しかし私たちを愛してくださる神様は「「恐れるな。わたしはあなたとともにいる。」と言ってくださいます。
 「自分のことは誰もわかってくれない。わたしは一人ぼっちだ」と思っている人に、神が「あなたとともにいる」と言ってくださるのです。
 さまざまな戦いの中で、おそれの心が起こる時に「恐れるな。わたしがあなたを助ける」と言ってくださいます。私たちは様々な恐れに迫られる時、「助ける」と言ってくださるお方に祈りの手を上げる者でありたいものです。
 私たちには何の値うちもなく、弱い者です。しかし、何の値うちもない虫けらのような私たちも神が愛して、「恐れるな」と言ってくださるのです。 
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/68-7fc87e36

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。