Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/84-6aafee1d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

礼拝宣教要旨    2014年7月27日(日)   宣教:福田勝敏牧師

主題「平和の契約」         聖書:イザヤ54:1~10   
 
本章は預言者イザヤによって語られた、神のさばきによるバビロン捕囚と、その後に与えられる神による恵みの回復の預言です。

1、喜び歌え
 「子を産まない不妊」の女性に対して「喜び歌え」「喜びの歌声をあげて叫べ」と語りかけているのは何故でしょう。普通は喜べない状態の人に対して、「喜び歌え」と言っているのは何故でしょう。
 これは、神が「罪の裁きとしての捕囚は逃れられないが、必ず回復の恵みが与えられる」と語られています。エルサレムはバビロンに滅ぼされて荒廃をするけれど必ず回復が与えられるとの契約が与えられているのです。現実には、まだ捕囚になっていませんし、回復が与えられているわけではありませんが、天地を創り、支配し、歴史を導いておられる全能の神が平和の契約を与えておられるのだから「喜べ」と言っておられるのです。
 これは現在のわたしたちが、様々な苦しみや悩みに会っても、この契約の神を信じる者には必ず回復を与えてくださるのだから喜びなさいとも語りかけてくださるのです。

2、天幕の場所を広げなさい
 これから苦しみが増し加わり、敵からの圧迫が強くなろうとする時に、神は「あなたの天幕の場所を広げ」なさいと言ってくださいます。神を信じ、すべてをお任せして生きる時に、必ず回復が与えられ、繁栄も戻されると言います。これは、私たちの生活の中での具体的な豊かさというだけではなく、心に与えられる喜びと確信が豊かにされるというのです。
 そして、更に神が与えてくださる約束を人々にも語り、分け与えることを勧められています。新約の教会に対してのメッセージは、現在がどのような状況にあっても福音を広く伝えていくべきだと語られているのです。

3、贖ってくださるお方
 「喜べ」「天幕の場所を広げよ」と言われる神は、私たちを贖ってくださるお方です。「贖う」とは代価を払って買い取ってくださるということです。
 エルサレムが神に敵対して裁かれるように、私たちも罪を犯す時に必ず裁かれるのです。「思い違いをしてはいけません。神は侮られるような方ではありません。人は種を蒔けば、その刈り取りもすることになります」(ガラ6:7)。とあります。このように、神は厳しいさばきの神でもありますが、愛の神でもあります。この愛の神が、「あなたを贖う」と言ってくださるのです。
 神の贖いは、御子イエス・キリストを十字架につけてくださることです。本来なら、厳しい神のさばきは、私たが自らが受けて永遠の滅びに落ちなければいけませんでした。しかし、イエス・キリストが十字架に命を捨てるという贖いになってくださいました。ここに「平和の契約」を定めてくださった神の祝福があるのです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/84-6aafee1d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。