Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/88-c2828afe

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

礼拝宣教要旨   2014年8月24日(日)  宣教:福田勝敏牧師

主題「神の好まれる信仰」      聖書:イザヤ58:6~12   

 イザヤ書の最後の部分の58章から66章は、創造者である神と神に造られた人間との正しい関係の回復を教えています。
 たとい断食をし、安息日を守ったとしても、それが神の御旨にかなわなければ祝福を受けることはできないことを教え、どのように守ることが正しいのかを示して、当時の偽善の民に警告を与えています。

1、偽善な礼拝  1~5
 当時のイスラエルの人々は、神を求め、神の道を知ることを求めていました。その姿は聖く、神に背いたことのない人のようだと言います。
 確かに、彼らは断食をして祈り、神の正しいさばきを求め、神に近づくことを望んでいるように見えます。
 しかし、彼らはいかにも信仰深そうに祈り、礼拝をしていますが実は心に不満を抱いている偽善者であると指摘しておられます。
 神が求め、好まれる信仰、礼拝の姿は神に対する真実な心であり、愛の行為です。

2、真の信仰者の姿  6~12
真の断食、真の信仰者としての姿とは人の目を意識して、熱心な信仰者として認められようとするような祈り方や奉仕の仕方をするのではなく、「あなたは、祈るときには自分の奥まった部屋に入りなさい。そして、戸をしめて、隠れたところにおられるあなたの父に祈りなさい。」(マタ6:6)と教えられた主イエスのみ言葉を聞き、助けを必要としている人々に愛をもって接することです。偽善の罪が取り除かれる時、神の祝福が豊かに与えられ、神の御前を歩むことが許され、災いが喜びに変えられ、真の平和が豊かに与えられ、繁栄が回復される希望のメッセージが語られています。カトリック教徒で1961年1月に43歳の若さでアメリカの第35代大統領に選出され、1963年11月22日に暗殺された、ジョン・F・ケネディ大統領が就任式に読み上げた聖句がイザヤ書58章6節でした。

3、神を喜びとする  13~14
 神が好まれ、喜ばれる生き方は、形式的に束縛されることでもなければ、自由勝手に自分の心のままに振舞うことではありません。むしろ積極的に神を喜ぶ生活をするべきです。「憂えてはならない。主を喜ぶことはあなたがたの力です」(口語訳・ネヘ8:10)。と言われています。
 私たちも、私たちのために、十字架にかかって罪をゆるし、復活して永遠の命への道を備えてくださったお方様を信じ、喜びつつ、確信のある信仰の道を歩ませていただきましょう。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/88-c2828afe

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。