Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/90-1afe001f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

礼拝宣教要旨    2014年9月14日(日)   宣教:福田勝敏牧師

主題「神様の誠実」」      聖書:イザヤ61:1~11   
 
61章は60章に続いて、預言者イザヤを通して語られる神からの希望のメッセージであり、終末において、救われた者に与えられる繁栄を預言しています。この章全体は、当然神からのメッセージですが、イザヤは神から遣わされた救い主メシヤの立場、神ご自身の立場、イザヤの立場から書くように導かれています。

1、救い主メシヤの祝福   1~3
 ここは、神から遣わされるメシヤのお言葉です。つまり、メシヤの使命が示されています。ルカの福音書4:18~19にイエスが郷里のナザレに行かれ、安息日に会堂に入られた時、本章が開かれ、それを読まれたイエスは「きょう、聖書のこのみことばが、あなたがたが聞いた通りに実現しました」(ルカ4:21)と語っておられます。救い主が救いの御業を完成させられる時にはこのような祝福を受けるということが、メシヤご自身によって語られているのです。

2、イザヤに示された回復の預言  4~7
 バビロンによって破壊され滅亡させられたエルサレムが、神の定められた時には一新し、回復再建させられて、以前よりも祝福され繁栄を見るようになります。しかも、異邦人も贖われた民として、エルサレム再建の事業に参加し、共に永遠の喜びにあずかるようになるというのです。そしてイスラエルの民は、神に仕える祭司として奉仕をすることになるのです。しかも、回復の祝福は滅亡前の二倍の祝福にあずかることが許されるのです。
 これは、現代の私たちイエス・キリストの十字架と復活を信じ、罪を悔い改めて神の民、神の子とされた者への祝福の約束でもあります。

3、神の誠実     8~9
 この個所は、メシヤを遣わされた父なる神様のお言葉です。私たち人間は、弱い者であり不誠実な者ですが、神ご自身は歴史を支配し、公義を愛されるお方で、平和のプログラムを進められます。
 そしてやがて、全世界に神のプログラムによる救いであるキリストの贖いを受け入れる者が全世界に起こされるようなるのです。これは、父なる神の公義とご誠実が完成する聖なる御業なのです。

4、贖われた者としてのイザヤの言葉   10~11
 神は、罪を悔い改めた者が救いの恵みに与る時、救いの衣を着せてくださり、花婿のような繁栄と祝福を与えてくださいます。
 神の正義と贖われた新しいイスラエルの賛美が、終末の時に、全世界に及ぶことをイザヤ自身も喜んでいるのです。
 イエス・キリストの十字架と復活の救いの業が完成している今、今、もうそこにこの祝福の預言の成就がなされようとしているのです。
 28日の特伝には、この喜びを知らない方をお誘いしましょう。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanourach.blog.fc2.com/tb.php/90-1afe001f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。